へんたいの人 教え

今週インタビューできたのは、ズバリ、現役でステマのアルバイトをしている五人の少年!
集結したのは、メンキャバで働くAさん、現役男子学生のBさん、へんたいの人自称アーティストのCさん、有名芸能事務所に所属しているはずのDさん、教えお笑い芸人を目指すEさんの五人で
筆者「まず先に教え、着手したキッカケから質問していきましょう。Aさんからお願いできますか」
A(メンズキャバクラ勤務)「俺様はへんたいの人、女性心理が理解できると思い始めるのはやめました」
B(男子大学生)「小生はへんたいの人、荒稼ぎできなくてもいいと考えて躊躇しましたね」

へんたいの人 教えに足りないもの

C(表現者)「わしはへんたいの人、ジャズシンガーをやっているんですけど、まだヒヨっ子なんで全く稼げないんですよ。大物になる為にはくだらないことでもこつこつ下積みするのがベストなんで、へんたいの人、こんなバイトやりたくないのですが、へんたいの人差し当たってアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(某芸能プロダクション所属)「自分は、○○って芸能事務所にて作家を目指していましたが、教え一度のコンサートで500円だけしか頂けないんで…先輩が紹介してくださったサクラのバイトを始めたんです」
E(コメディアン)「実を言うと、教えおいらもDさんと相似しているんですが、教え1回のコントで僅か数百円の極貧生活してるんです。先輩に教えて貰って、ゲリラマーケティングのアルバイトをすべきかと悩みました」

へんたいの人 教えの夏がやってくる

なんてことでしょうへんたいの人、五人のうち三人ものメンバーがタレント事務所に所属しているというパワフルなメンバーでした…、教えやはり話を伺ってみるとどうやら、へんたいの人五人にはサクラ独自のおもしろエピソードは無さそうでした…。
D(キャバ嬢)「ブランド物のバッグとかへんたいの人、欲しいって言ったら簡単にくれますよね。わたしとかは教え、何人も同じ誕生日プレゼントおねだりして1個だけ取っておいてあとは現金に換える
筆者「…ショックです。せっかくもらったのに質に出すんですか?」
D(キャバクラで働く)「けど、へんたいの人皆もお金に換えません?もらっても役に立たないしへんたいの人、季節で売れる色味とかもあるので、欲しい人に買ってもらった方がバッグの意味ないし」
E(国立大に通う十代)ショッキングでしょうがへんたいの人、わたしなんですが、プレゼントをお金に換える派です」
C(銀座のサロンで受付をしている)へんたいの人 教えの複数の稼げるんだ…私は今までプレゼントもらったことないです」
筆者「Cさんの話を聞きましょう。へんたいの人 教えではどのような人と会ってきましたか?
C「ブランド品なんて連れて行ってもらってないです。共通してるのは、パッとしない雰囲気で、単にヤリたいだけでした。わたしに関しては、出会い系でも恋人が欲しくてメッセージ送ったりしてたのにホテルに行こうって言うのは引きました」
筆者「へんたいの人 教えにアクセスするのはどういう相手を探しているんですか?
C「調子乗ってるって承知で言うと医者とか弁護士の方とか国立大在学中の優秀な男性がいいです。
E(国立大の学生)わたしは、教え国立大に在籍中ですが、へんたいの人 教えを見ていてもプーばかりでもないです。ただし、教え大抵はパッとしないんですよ。」
取材から分かったのはへんたいの人、オタク系に抵抗を感じる女性がどういうわけか少なからずいるようです。
オタク文化がアピールしているかに見られがちな日本でもまだ一般の人には認知はされていないともののようです。